スーツは自分に合ったものを選ぶことが大切です

季節に合った選び方をする

スーツは季節によって向いているタイプがあります。それは、生地感や色で選ぶことができるのです。季節に合ったスーツを着ることでお洒落に着こなすことができるでしょう。

スーツで人気の柄5選

no.1

定番人気のストライプ

ストライプには、ピンストライプやチョークストライプなどの種類があります。また、ストライプの幅で印象も変わるので定番人気となっているのです。

no.2

高級感があるヘリンボーン

ヘリンボーンは織柄が魚の骨に見えるためニシンの骨とも呼ばれています。特徴としては、光の反射によって光沢感がでてきます。また、高級感があり耐久性に優れています。

no.3

古典的な柄の一つの千鳥格子

千鳥格子は、千鳥が並んで飛んでいる姿に似ていることが名前の由来になっているのです。また、この千鳥格子をスーツの柄にするとエレガントでクラシックな印象になります。

no.4

季節感を出しやすいチェック柄

チェック柄も定番な柄ですが、秋冬のスーツに多く見られます。さらに、生地素材の違いで雰囲気が変わるので、季節感を出しやすいです。

no.5

秋冬ならではのお洒落ができるバーズアイ

バーズアイはグレーや茶色のスーツに良く合うので、秋冬におすすめです。また、バーズアイは一見無地に見えますがさり気ない柄が秋冬ならではのお洒落を楽しむことができます。

スーツを選ぶ

女性

スーツ選びはポイントがある

スーツは様々なタイプがあります。ですから、スーツ選びは悩んでしまいます。しかし、スーツ選びには押さえておくポイントがあるのです。ポイントを押さえていれば自分に合ったスーツを選ぶことができるでしょう。

自分の体に合ったスーツを選ぶ

スーツは小さ過ぎたり大き過ぎたりすると見た目が悪くなってしまいます。その為、自分の体に合ったスーツを選ぶことでスッキリと綺麗に着こなすことができます。

値段ごとのスーツの違い

スーツの値段は安くて1万円台、高ければ10万円や20万円します。この値段の違いは素材によって違うのです。スーツは長く使用するので着心地の良い素材のスーツにすると良いと言えるでしょう。また、卒業式にも使えるようなシーンを選ばないものもおすすめです。

しっかりと試着して決める

スーツによってサイズ感の誤差があります。その為、必ず試着をして選ぶようにしましょう。そうすることで、購入後に失敗をする可能性は低くなります。

状況に合ったスーツを選ぶ

スーツは、どんなシーンかでも選び方が変わります。子どもの卒業式でスーツを着る場合やビジネスシーンなどで適切なスーツは違うので状況に合ったスーツを選ぶことも大切です。

広告募集中